愛知医療学院短期大学

検索

教員リレーコラム

「新しいことへの挑戦って、難しい...」

木村 菜穂子 [理学療法学専攻]

先日、高校の部活の友人から「緊急で連絡が取りたい。LINEに連絡ください」とFacebookでメッセージが届きました。高校卒業から20年以上たち、私の実家もすでに県内にはなく、私自身も仕事の都合などで転居を何回か...。こんな私は、昔の友人たちから「時々行方不明になる(連絡先が不明ということ)」と言われることもあるのです(申し訳ない)。で、数人の友人とは年賀状のやり取りを細々と続けており、その友人の一人と、1年前にFacebookでつながっていたのですが、そこからの連絡でした。でも...、私、LINEやっていないんです...。ということで、社会人になってから持って以来、一度も番号が変わっていない携帯電話に電話をもらえるように、お願いしました。
色々あって、その数日後に同級生・後輩数人と会う機会がありました。20年以上も逢っていなかった仲間達、みんな、変わっているんですけど、でも逢った途端に以前の関係性がまるで昨日の続きの様によみがえる、とても不思議な感覚でした。その時の話で、「先輩、連絡先教えてくださいよ! LINEでグループ作ってるから、入りますか?」と何度言われたか!!。その度に、「ごめんね、LINEやってないんだよね...」と伝えると、「えっ、本当に??」と驚かれる始末。やっぱり、今時LINEやってないって、周りから見ると不思議なんですね。私はパソコン・携帯メールもあるし、特に不自由は感じていません。以前は学生にもよく「えーっ?」と言われましたが、学生だから、と思っていたんです。でも、そうではないと、今回よくわかりました。
その友人たちには、「わかった、近々頑張ってみる」と言って別れました。その後、LINEってどんなものなのか、どうやって利用するのがいいのか等、調べてみたりしましたが、まだ一歩が踏み出せません(笑)。年齢を重ねると、新しいことを始めるのを躊躇するようになる、新しいことに対応しづらくなる、と講義でも学生に教えていますが、そのことを身をもって理解できました。
でも、色々あって20数年ぶりに逢った友人たち、とても懐かしく、これからもこの関係が続けばいいな、と思います。だからこそ! みんな、もう少しだけ待ってください。何とか新しいことに挑戦するために、一歩踏み出したいと思ってますから!

NEXT ≫ 2016.10.21 石黒 茂 [作業療法学専攻]