愛知医療学院短期大学

検索

愛知医療学院短期大学とは

建学の精神・教育理念・各種ポリシー

建学の精神

仏心尽障

教育理念

愛知医療学院短期大学は、建学の精神である「佛心尽障」に則り、社会的知識、基礎的・専門的医療知識を提供し、障がいを有する人々の心と身体の支えとなれる人材の養成を目指す。

アドミッションポリシー(入学者選抜の方針)

カリキュラムポリシーに則った学習成果を得るために努力し、以下に示す崇高な志を有する人を歓迎します。

  1. 医療人として社会の役に立てることを希望する人。
  2. 入学当初の熱い目的意識を持続し、意思を貫き通せる人。
  3. 独善的でなく、周囲との協調性を重んじ仲間意識を忘れない人。
  • 解剖や生理学などの基礎的学問から実際の臨床実技などに及ぶ、幅広い知識を3年間で獲得することが求められます。高等学校では経験しない新しい学習科目が多く戸惑うこともあるでしょうが、目的意識をもって真摯に学習に取り組むことが理解力を養うことにつながります。高等学校では履修すべき科目を偏りなく習得しておくことが大切ですが、その他に、座学に限らず集中して物事に対応する習慣を身につけることや、友人など周囲とのコミュニケーション力を養っておくことが望まれます。

◆◇◆ 入学試験の基本方針 ◆◇◆

  • 推薦入学試験、大学生・社会人入学試験、一般入学試験、およびセンター試験利用入学試験では、知識・思考力の評価として国語を必須とし、一部について記述式問題を導入しています。さらに、一般入学試験、センター試験利用入学試験では、数学または英語の個別試験を通して基礎学力を問います。  全ての試験で実施する面接試験では、面接官との質疑応答を通して、総合的な思考力・判断力・表現力の評価に加え、医療人になることへの志やコミュニケーション力を判断します。  合格判定は、入学試験の結果および高等学校の調査書等を評価し総合的に行います。

カリキュラムポリシー(教育課程編成の方針)

ディプロマポリシーを具現するため、以下の方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成しています。

  1. 理学療法士及び作業療法士法など関係法規に準じた養成教育の科目・時間を十分確保する。また、作業療法学専攻においては、WFOT(世界作業療法士連盟)のカリキュラム内容に則る。
  2. 理学療法および作業療法の臨床場面に早期に適応できる行動力を養うため、実践教育を中心とする。
  3. 実践力を育成するための専門科目を有機的に配置し、PBL(課題解決型学習)、アクティブラーニングの展開により、問題解決能力を身に付けた人材を育成する。
  4. 幅広く深い教養および総合的な判断力を培い、生命の尊厳を根底にもった豊かな人間性を涵養する。
  5. 医療・福祉現場にとどまらず、健康増進、スポーツやレクリエーションなどを含めた人間のあらゆる生活場面において、理学療法および作業療法の専門知識を応用して活動できる広い視野と技術を身に付ける。

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

医療人に対しては、専門知識は無論のこと、豊かなコミュニケーション能力をもとに多職種とのチーム医療構築に協働し、地域へ貢献できることが社会から期待されています。

愛知医療学院短期大学は、所定の課程を修め、次の目標を達成した者に学位を授与します。

  1. 高い専門知識を修得し、常識人としての素養も兼ね備えた医療人として地域社会に貢献することができる。
  2. 障がいを有する人に、常に慈しみの心をもって接することができる。
  3. 臨床の場において常に最新の知識や医療技術を求める向上心を有する。

アセスメントポリシー

愛知医療学院短期大学では、3つのポリシー(ディプロマポリシー、カリキュラムポリシー、アドミッションポリシー)に基づき、機関レベル、教育課程レベル、科目レベルの3段階で学習成果を査定・検証します。

 入学前・直後在学中卒業時・卒業後
機関レベル 各種入学試験
面接・志願理由
調査書などへの記載
各種アンケート
休学率
退学率
進学率
学生支援への各種アンケート
学位授与率
就職率
各種アンケート調査
教育課程レベル 各種入学試験
面接・志願理由
GPA
進級率
休学率
退学率
単位取得状況
実力テスト
外部テスト
各種アンケート
GPA
国家試験合格率
成績優秀者表彰
学位授与率
科目レベル 入学前スクール
プレースメントテスト
出席状況
単位取得状況
授業評価アンケートなど
 

プライバシーポリシー