愛知医療学院短期大学

検索

教員リレーコラム

自治会活動に積極的に参加しましょう!

草川 裕也 [作業療法学専攻]

4月を迎え、本学に赴任して1年が経ちました。
振り返ると、本当にあっという間の1年でした。
今年は2年目。研究、教育ともに昨年よりも挑戦していきたいと思っています。
学生の皆さん、一緒に頑張ろう!

こう意気込んでスタートとした今年度、学生自治会の担当になりました。
現在、戒田会長を筆頭に、役員メンバーは体育祭、学祭に向けて準備を頑張っています。
人ごとではないのですから、それをぜひ、学生全員で応援してください。
加えて、本年6月には、昨年成立した改正公職選挙法が施行され、
自治会活動のみならず、18歳以上の皆さんは国の政治活動にも関わることになります。

全学生の中のたった一票、18歳以上の全国民の中のたった一票という数字を考えると、
自治会や国政への関わりが自分から遠いものと感じると思います。
けれども、自分の意見を持つこと、一票として投じることは大切なことと思います。
それは、一票を投じることで、これから起こることに責任を持てると考えるからです。
責任を持つことで、これから起こることに納得できる、意見できる、文句を言えると思います。
票を投じてなくても、意見や文句を言ってよいですが、それを聞いてもらえないことに不満を言ってはいけません。
自分が責任を放ったから仕方ありません。

国の政治に比べると、自治会活動は学生の皆さんにとってとても身近なものです。
体育祭や学祭などの行事のみでなく、毎日利用する学生サービス、講義室などの環境への意見も
自治会から発信することができます。
そこに加わるためには、自治会選挙、自治会総会などの自治会活動への参加が必須です。

今年度最初の自治会総会には、多くの2年生が欠席しました。
学校を最も利用し、体育祭や学祭の中心となる2年生が責任を放ってしまったことが、残念でなりません。
今年度は始まったばかりです。自治会活動はこれから本格化していきます。
体育祭や学祭など、これからの皆さんの積極的な参加を期待しています。

NEXT ≫ 2016.05.06 清島 大資 [理学療法学専攻]