愛知医療学院短期大学

検索

リハビリテーション学科理学療法学専攻

人としっかり向き合う豊かな「人間力」が求められる仕事です。

教育目標

病気やケガ、高齢化などによって、身体に障がいのある人に運動療法や物理療法を行って、機能の回復・改善を図る理学療法士を育成。患者様の状態に合わせて最適なリハビリテーションを行うためには、専門的な知識や技術、能力が求められます。理学療法学専攻では、解剖学や生理学、臨床運動学などの基礎医学から、整形外科学、精神医学などの臨床医学、理学療法の専門知識、理学療法における問題解決力などを幅広く学習。さまざまな状況に応じた理学療法に必要な医学的知識と科学的知識を修得します。

学びのポイント

豊富な講師陣による現場に即した講義内容が魅力

臨床経験豊富な教授・講師陣をそろえています。
講義では、臨床現場での実体験に基づいた一歩踏み込んだ話を聞くことができます。臨床現場での問題点、仕事への取り組み方など、将来の仕事を早くからイメージして学べるのが魅力です。

理学療法士の役割を幅広い視点から学ぶ

人体を系統立てて理解し、疾病・障がいに関する観察力、判断力を養うとともに、リハビリテーションの基本的理念を理解し、国民の保健医療福祉推進のために、理学療法士が果たすべき役割を学びます。

地域と連携した事業やボランティアを通じて現場を体験

清須市と連携して行う介護予防事業や保育園事業の補助を長期にわたり体験。企画内容の一部は学生が主体となって実施します。また、その他地域の障がい者スポーツボランティアなどを通じて、子どもから高齢者、障がいをもたれた方とふれあいを持つことによって、コミュニケーション能力の向上を図ります。