開講科目

開講科目

リハビリテーション科学専攻 教育課程(就業年限1年)と履修モデル

記載の情報は、2021年度入学生対象の内容です。

授業科目名 配当
年次
単位数 授業形態 時 間
必修 選択 自由 講義 演習 実験
実習
単位
時間


教養科目系 実用英会話 1   2       15 30  
日本文化学 1   1       15 15  
経営学 1   1       15 15  
学習科学概論 1   2       15 30  
科学、社会、人間 1   2       15 30  
法学入門 1   2       15 30  
文章力を磨く 1   2       15 30  
組織マネジメント 1   2       15 30  
地域創生学 1   1       15 15  
基礎科目系 臨床体表解剖学 1 1         15 15  
病態運動・生理学 1 1         15 15  
臨床発達障害学 1 1         15 15  
運動機能
障害系
運動器系障害
リハビリテーション論
1   1       15 15  
内部疾患系障害
リハビリテーション論
1   1       15 15  
スポーツ障害
リハビリテーション論
1   1       15 15  
生活機能
障害系
中枢神経系障害
リハビリテーション論
1   1       15 15  
地域・老年期
リハビリテーション論
1   1       15 15  
精神機能系障害
リハビリテーション論
1   1       15 15  
生活環境
リハビリテーション論
1   1       15 15  
リハビリ
テーション
管理
応用臨床心理学 1 1         15 15  
医療福祉行政学 1 1         15 15  
医療情報学 1 1         15 15  
リハビリ
テーション
科学研究
研究法演習 1 1         15 15  
リハビリテーション
科学研究 I
1 5         15 75  
リハビリテーション
科学研究 II
1 5         15 75  
修了要件単位数 17 14              
【修了要件】 1年以上の学業を修め、必修単位17単位と選択科目から14単位以上を修得する

※学位の申請には、専攻科修了要件とは別に履修単位の基準が定められています。 詳細については、お問い合わせください。

  

教育課程の編成方針

  

短期大学などから引き続き専攻科に入学した学生には、学士取得にふさわしい教育を展開し、短期大学などにおける卒業研究をさらに深める教育を行います。すでに臨床現場に勤務している人には、各専門性に基づく研究と学士論文作成の指導を行います。授業科目は上記表の6 つの柱に分類し、各科目をバランス良く配置し効果的な教育を展開します。また、各科目は必修科目と選択科目に分類し、学生それぞれのフィールド、拡大している職域に応じて選択できるようにしています。

開講科目(シラバス)

年間授業計画