愛知医療学院短期大学

検索

教員紹介

リハビリテーション学科 作業療法学専攻

専攻長・准教授

山下 英美
やました ひでみYamashita Hidemi MS

[学位・医療資格]
修士(人間文化)
(Master of Humanities and
Social sciences)
学士(福祉経営学)
作業療法士
介護支援専門員
[研究分野]
認知症高齢者と作業療法、地域における認知症の早期発見と予防、教育心理学(教授・学習・認知カウンセリング)

プロフィール

作業療法士の免許取得後、専業主婦・子育てにウェイトを置く生活を経て、身体障がい領域の病院にて働き始め、その後介護老人保健施設にて、老年期障がい領域の作業療法を実践してきました。
縁あって、本学の前身である、専門学校愛知医療学院の教員となり、現在に至ります。

専門は老年期障がい分野で、特に認知症の方にとっての作業の意味について関心があります。
お一人お一人を、過去・現在・未来の時間軸でとらえ、過去からつながった現在のその人らしさにふれ、その方の現在と未来の生きにくさを軽減するお手伝いができるのが、作業療法だと考えています。
私は元来ズボラな性質なので、少しでも効率良く物事を行うにはどうしたら良いかを考えていたことも、作業療法に興味を持った理由の一つです。
同じ理由で、学生さんが学ぶこと・学生さんへ教育することの工夫について知りたくて、名古屋市立大学大学院で教育心理学や発達心理学を学びました。

教員の中では、年齢的に言って(外見的にも?)、お母さん的存在だと言われますが、本人はあくまでも厳しい教員でありたいと思っています。
趣味はガーデニングと天神様めぐりです。

研究内容

認知症介護研究・研修大府センターに非常勤で勤務しながら、認知症の人の非言語性コミュニケーションシグナルを利用したリハビリテーションを実践・普及しながら、改良すべく研究をしています。
さらに、地域での実践を通して、認知症の予防・早期発見に関して、作業療法士にできることを探り、地域で認知症の人がその人らしく暮らすにはどうしたら良いかについて研究を始めています。
また、学習方略 (学び方のコツ) の教授や使用による学習成果の向上を、科目間で応用する研究に取り組んでおり、個別指導としての認知カウンセリングの実践についても研究を始めています。

主な業績

担当教科

教養基礎科目 教養演習
専門基礎科目 解剖学実習
運動学Ⅰ(頭頸部・上肢)
専門科目 作業療法評価法実習
作業療法治療学概論実習
老年期作業療法学
地域作業療法学実習
臨床実習Ⅰ(基礎)
臨床実習Ⅱ(評価)
臨床実習Ⅲ(総合1)
臨床実習Ⅳ(総合2)
作業療法研究法
卒業研究
総合演習

受験生の皆さんへ

“作業” は、皆さんが日々行っている生活全般を指す言葉です。
作業療法を学んでいくと、自分自身の “作業” について考える視点を、たくさん持つことができます。
さらにそれを改善していく考え方についても学び、実践していくことができます。

「自分って何だろう?」、「なんか上手くいかないなー」 と思っている人、
私たちと一緒に作業療法について学んでみませんか?
皆さんと一緒に歩いていこうとする教員が、皆さんを待っています。

在学生の皆さんへ

私はすぐ学生さんに 「なぜ?」 と尋ねてしまうようです。
それは、行動の裏側にある “意味” や “理由” を言語化すること、
そして自分の現状を意識すること、目的を明確にすることを大切にして欲しいと思っているからです。
それが作業療法の実践にも繋がると考えています。

自身の作業について考え、対象者様の作業についても一緒に考えられるような作業療法士を目指して、
頑張ってくださいね!