愛知医療学院短期大学

検索

教員紹介

リハビリテーション学科 作業療法学専攻

教授

髙田 政夫
たかだ まさおTakada Masao MS

[学位・医療資格]
工学修士
(Master of Science
and Technology)
商学士
作業療法士
AMPS認定評価者
[研究分野]
地域在宅重度障害児者の作業療法
ICTコミュニケーション機器入力スイッチ
ウェアラブルスイッチによる障がい手の管理法

プロフィール

1976年 国立療養所東京病院附属リハビリテーション学院 卒業
神奈川県総合リハビリテーションセンター 作業療法士
1981年 熊本総合医療リハビリテーション学院 専任講師
1986年 名古屋大学 講師
1986年 国立療養所箱根病院附属リハビリテーション学院 教官
2004年 広島県立大学 助教授
2007年 熊本保健科学大学 教授
2009年 熊本保健科学大学大学院 教授
2018年 愛知医療学院短期大学 教授

【趣 味】水彩画(3年目)スイミング(今ではもっぱら水中ウオーキング)

研究内容

重度障害者中でも医療的ケアが必要な神経難病者や在宅発達障害児の作業療法についてコミュニケーション手段の確保に努めてきました。

主な業績

担当教科

専門科目 作業療法概論
作業療法研究法
発達障害作業評価学
発達障害作業治療学
発達障害作業治療学実習
臨床実習Ⅰ(見学)
臨床実習Ⅱ(地域)
臨床実習Ⅱ(評価)
臨床実習Ⅲ(総合1)
臨床実習Ⅳ(総合2)
教養演習
総合演習
卒業研究

受験生の皆さんへ

私が作業療法士を目指した時代、我が国の養成校は、厚生省、労働省の下にそれぞれ一校ずつの他、都立養成校を合わせたったの3校のみでした。私自身の障がいがなければおそらくこの分野に巡り合うことはなかったでしょう。進路指導教員からは『リハビリテーション?何だ。それは?』と言われたものです。
今では、四年制の大学まで様々な養成校がどこを選択したらよいか迷う程あります。本学の良さはそれぞれの分野で数多くの研究実績を持った熱心な教授陣がそろっていることです。
更に本学を卒業し活躍している先輩たちをこの地に数多く輩出しています。この恵まれた人のつながりこそ臨床(就職)での大きな力となります。
作業療法分野ではまだまだ人手が足りません。この分野の進化はめざましいものがあります。リハビリテーション業界では優秀な人材を求めています。活躍の場はますます広がりつつあります。是非、本学で学び、次代を担う優れた作業療法士となることを一緒に目指しましょう。

在学生の皆さんへ

医学の進歩は目を見張るものがあります。近年医学そのものの進歩に増して情報工学などの異分野との協働によりより多くの知識と技術が広がりを見せるようになりました。
リハビリテーション医学の分野も例外ではありません。ごく一部一地域の最先端医学技術は留まりなく直ぐに全国に広がります。これに遅れることなく進むには絶え間ない情報収集力と学びの姿勢です。常に最新の治療技術を保つには日頃の臨床場面での研鑽が欠かせません。多くの先輩たちの足跡をたどりながら最新の知識技術がいつでも学べる場に短大を創り上げていくのは私たちであることを忘れないようにしましょう。