愛知医療学院短期大学

検索

教員紹介

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

齊藤 誠
さいとう まこと

(助教)

[学位・医療資格]
リハビリテーション科学博士
リハビリテーション科学修士
理学療法学学士
理学療法士
[研究分野]
運動学
バイオメカニクス
心理学
予防理学療法学
産業理学療法学

プロフィール

学歴
2011年 聖隷クリストファー大学リハビリテーション学部卒業 学士(理学療法学)
2013年 聖隷クリストファー大学リハビリテーション科学研究科博士前期課程修了 修士(リハビリテーション科学)
2016年 聖隷クリストファー大学リハビリテーション科学研究科博士後期課程修了 博士(リハビリテーション科学)
職歴
2011年 公立森町病院 リハビリテーション科
2017年 愛知医療学院短期大学リハビリテーション学科理学療法学専攻(現職)
資格(国家資格・団体認定資格)

理学療法士

自己紹介

本年度(平成29年度)より入職いたしました。以前は出身地である静岡県の病院に理学療法士として勤務しておりました。 私の専門は運動器系理学療法です。運動器とは骨,関節,筋肉などのことで、代表的な運動器疾患としては、骨折、靭帯損傷、変形性関節症などがあります。 私は運動器疾患の中でも腰痛症に関する研究を中心に行ってきました。講義でも整形外科系障害理学療法治療学など、運動器系の科目を主に担当します。 徐々に世間から認知され始めている理学療法士という職業ですが、職域の拡大や理学療法評価,運動療法に関する研究の推進など、まだまだ発展の余地があると思います。 私自身も研究、教育活動を通して、理学療法学の確立にわずかでも貢献できるように努力していきます。

研究内容

運動学
バイオメカニクス
心理学
予防理学療法学
産業理学療法学

主な業績

担当教科

専門基礎科目 運動学総論
専門科目 整形外科系障害理学療法治療学
整形外科系障害理学療法治療学実習
検査測定法
検査測定法実習
理学療法評価法実習
理学療法特論Ⅱ(関節運動学的アプローチ)
地域理学療法実習

受験生の皆さんへ

リハビリテーションは、失われた機能,生活を再び取り戻すことをお手伝いする仕事です。あくまで主役は患者さんですが、ともに目標に向かい、達成した時の喜びは何にも代えがたいものがあります。楽しみながら一緒に学んでいきましょう。

在学生の皆さんへ

皆さんは「理学療法士になりたい」との思いで入学されたと思います。是非、「どんな理学療法士になりたいか」を考えながら学生生活を過ごしてください。過去の決意は徐々に忘れてしまうかもしれませんが、将来への期待や憧れはいつまでも自分の支えになると思います。
 理学療法の楽しさや可能性を伝えられるよう努力していきますので、一緒に学んでいきましょう。そして理学療法士という仕事に誇りを持てるようになって下さい。