愛知医療学院短期大学

検索

教員紹介

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

舟橋 啓臣
ふなはし ひろおみ

(教授)

[学位・医療資格]
医学博士
外科医師
[研究分野]
◇教育学
◇乳癌:手術/化学療法/予防
◇甲状腺:癌手術/バセドウ病治療
◇副甲状腺:診断/手術
◇術前術後管理法

プロフィール

略歴
1969年 名古屋大学医学部卒業
1979年 名古屋大学第二外科 助教
1987年 名古屋大学第二外科 講師
2003年 名古屋大学第二外科 准教授
2005年 岐阜県立多治見病院 院長
2010年 岐阜県立多治見病院 名誉院長(終生)
2011年 愛知医療学院短期大学 学長
研究分野

教育学・乳腺・内分泌外科

趣味

温泉(温泉友の会・会長)、居酒屋談義

愛犬

ハナ=雌のミニチュアシュウザー 可愛くてたまらない!

嗜好品

ビール

研究内容

名古屋大学第二外科に20数年在籍、乳癌手術では名大第二外科方式を発案し学会や論文などで発表・報告した。
甲状腺癌手術では、日本で初めての副甲状腺自家移植法を編み出し、学会・論文で発表した。
動物実験では、マウスに海藻の一種である “めかぶ” を用いて乳癌予防を10年近く研究し、画期的な効果があることを実証し、学会発表や論文で報告した。新聞でも大きく報じられ、直後からそれまでは捨てられていた “めかぶ” が、あちこちで売られるようになり、店頭にはポスター代わりに拡大した新聞の切り抜きが貼られるようになった。

主な業績

担当教科

専門基礎科目 安全管理・救急対処論
専門科目 臨床実習Ⅰ(基礎)
臨床実習Ⅱ(評価)
臨床実習Ⅲ(総合1)
臨床実習Ⅳ(総合2)
卒業研究
総合演習

受験生の皆さんへ

・初心を忘れることなく、自らの夢の実現に向け熱い思いを抱き続けて欲しい。
・「なげない、めげない、くじけない」 

在学生の皆さんへ

・生活にメリハリをつけること = 「やるでもなく、やらないでもない」、という時間の過ごし方が最も無駄。
・遊び楽しむことも青春、学問に励むことも青春。
・3年できちんと卒業しよう!