愛知医療学院短期大学

検索

リハビリテーション学科理学療法学専攻

臨床実習

幅広い臨床実習体験のなかから理学療法士としての実践力を高める。

臨床実習

理学療法学専攻 臨床実習内容
1年臨床実習Ⅰ(基礎)

病院・施設での理学療法士の仕事を実際に見学することで、その役割と責任を理解します。実習を通して、1年次の講義 で修得した医学的基礎知識が、理学療法士の業務にどのように関連しているか体験を通して学びます。

3年臨床実習Ⅱ(評価)

臨床実習Ⅱでは、2年次までに修得した検査測定の知識や技術を使い、対象者が抱える問題点やその原因をつかむため、必要かつ適切な評価を行える力を身につけます。

3年臨床実習Ⅲ(総合Ⅰ)・臨床実習Ⅳ(総合Ⅱ)

臨床実習Ⅲ、Ⅳは、学習の総決算として、評価・治療計画・治療の一連の過程を対象者に応用できることを学習目的とします。臨床実習Ⅲでは、対象者の障がいを明らかにして、それに対して必要な治療計画を立案できる力を身につけることを主な目的とします。臨床実習Ⅳでは、理学療法評価過程で立案された治療計画に基づいて実施された治療による効果を考察し、その内容を検討できる力を養い、卒業後の臨床活動に直結した理学療法業務を学びます。

理学療法学専攻 臨床実習日程

臨床実習施設訪問

今の私に何が足りないのか。実習は、自分の課題に気づくための時間です。

<実習先> 医療法人生寿会 五条川リハビリテーション病院(臨床実習IV)

佐藤病院(江南市)勤務
平成25年度 理学療法学専攻卒業(第4期生)
長野県 飯田女子高等学校卒業
理学療法士杉浦 真友

現在、患者様一人を担当させていただき、少しずつ治療もさせていただいています。実習は、改めて理学療法士という仕事の役割が何かを学ぶ大切な機会です。同時に、理学療法士になる上で、自分に何が足りないかということにも気づかされます。私がまだまだだと感じさせられた点は、患者様との接し方やコミュニケーション、精神的な面での配慮などでした。しかし、実習を重ねるにつれ、少しずつですが考え方の流れが理解できるようになってきたと思います。この経験は、国家試験の勉強の際にもつなげていきたいです。もちろん、今の目標は理学療法士になること。その時、今のこの経験を必ず活かします。そして、一人ひとりの患者様としっかり向き合い、患者様にとってより良い治療が行える理学療法士を目指します。