愛知医療学院短期大学

検索

愛知医療学院短期大学とは

学長あいさつ

学長 舟橋 啓臣

愛知医療学院短期大学
学長 舟橋 啓臣
(医学博士)

未来のリハビリテーション医療を担う豊かな人間性を持った専門家を育成します。

リハビリテーション医療に対する社会的なニーズ・期待は、これまでになく高まっています。充実した生を全うしたいという思いを多くの人が抱くなかで、理学療法士・作業療法士が活躍する場、機会も、より広範囲に拡大するとともに、専門家としての質・力量が、これまで以上に厳しく問われる時代にもなってきています。患者様に信頼される理学療法士・作業療法士になるためには、高度な専門知識・技術を身につけることはもちろん、社会常識も含めた豊かな人間性を磨いていくことも大切です。本学の大きな特色は、少人数体制の下、すべての教員が学生一人ひとりの個性をしっかりと見つめて、卒業後のフォローも含めた非常に密度の濃い指導を実施していることです。豊かな人間性を備え、未来のリハビリテーション医療を探求する意欲あふれる人材を育てたいと思います。